わんさか大浦パークについて


名護市二見以北地域交流 拠点施設

わんさか大浦パークは二見以北(二見・大川・

大浦・瀬嵩・汀間・三原・安部・嘉陽・底仁屋・天仁屋)の伝統芸能(豊年踊り・エイサー)や地域資源(海・川・マングローブ)、名所旧跡などを活用した地域参加型のプログラムやイベント等を開催することにより、

地域文化の継承を図るとともに、地域の食材(農産物・魚介類)を活用した料理や加工品などを開発し、地元の物産として販売するなどして地産地消型の地域の振興・活性化を図ることを目的として設置されました。


           施設概要


 

施設名: わんさか大浦パーク (名護市二見以北地域交流拠点施設)

 

(01)事 業 名:名護市東海岸地域(二見以北10区) における地域交流拠点整備事業

(02)事 業 主 体:名護市

(03)補助事業名:沖縄北部特別振興対策事業費

(04)事 業 年 度:平成19年度~平成20年度(繰越:平成21年度)

(05)事  業  地:沖縄県名護市大浦市465番7、465番8

(06)事  業  費:359、666千円(国庫321、948千円)

(07)構      造:鉄筋コンクリート造平屋

(08)敷 地 面 積:8、060.06 ㎡

(09)建 築 面 積:  986.76 ㎡

(10)延 床 面 積:  685.62 ㎡

(11)駐 車 台 数:普通乗用車 46台  大型バス 3台  優先駐車場 2台