一緒に働く仲間を募集します!


名護東海岸10の集落がお金を出し合い運営している

地域おこしの拠点「わんさか大浦パーク」

 

わんさか大浦パークのミッションは

地域課題解決型の収益事業(コミュニティビジネス)を通して

地域に必要なお金と人の流れを生み出し

地域の暮らしと豊かな環境を守ることです。

 

地域内外の方々とつながり、美しい風景や地域の文化・風土など

この地域ならではの良さを生かしてお客様にも地域の人にも関わる人にも

喜んでもらえる面白い取り組みを生み出していきたいと思っています。

 

そんな、わんさか大浦パークの取り組みを職員として支えてくれる

仲間を少しずつ増やしていきたいと思っています。

 

やんばるの農村の風景の中で農家さんや地域の方々と関わりながら

思う存分働ける、やりがいのある環境です。

 

ぜひお問い合わせください。


現場責任者メッセージ

私がわんさか大浦パークを通して実現したいことは

地域に暮らす人、関わる人の希望と生きがい

幸せの実感を増やしていくこと

子供からお年寄りまで笑顔でイキイキと暮らすことができる持続可能な地域を実現していくことです。

 

そのためにはスタッフ1人1人が地域に暮らす方、関わる方、お客様の声に耳を傾け、個性を生かしながら高い主体性で価値ある仕事していく必要があると感じています。

そして、地域に必要な新しい仕事を作ることに一緒に挑戦していきたいと思っています。

 

まだまだ未熟な組織であるわんさか大浦パークは

伸びしろが大きく、意欲がある人にとって

チャンスにあふれ、挑戦しがいのある環境です。

高い主体性でチャレンジしていく意気込みのある方の

応募をお待ちしています。

プロフィール

・深田友樹英 Fukada Yukihide

・埼玉県出身

・妻と娘2人の4人家族 大浦在住

・祖父が名護東海岸の二見区出身

・東京大学大学院時代に名護東海岸にて里山(自然と暮らしの関わり)の研究を行い、これからの社会の明るい未来と可能性をこの地域に感じ、2012年に移住。地域づくりコーディネーターとして活動後2016年からわんさか大浦パークの現場責任者。


■募集要項■


現在、わんさか大浦パークでの募集は行っておりませんが、

将来的に働くことを希望している方

ご興味のある方はお気軽にお問合せください♪

 

お問い合わせはこちらから


わんさか大浦パークでは、このような催し物を開催しています!


二見情話大会

全国に親しまれ愛唱されている民謡

「二見情話」を発祥の地で歌う、

受け継がれる感謝の唄のコンテスト、二見情話大会。

念に一度、わんさか大浦パークで行われており、

毎年たくさんの方が参加、来訪されています。

~二見情話とは~
二見情話は、首里出身の照屋朝敏氏が戦時中に疎開先として二見で過ごした際、

お世話になった二見の村人や美しい自然への感謝を込めてつくられたとされています。
つくられたのは70年前の今頃(1945年11月頃)。

食料がなく、とても苦しい状況の中でも、
地元の人の気持ちをいちばんに考えた照屋さんは、二見の村長も務めました。
男女で歌うため恋のうたという印象が強い二見情話ですが、
平和の祈りと地域への感謝が込められています。


東海岸地域での求人募集


藤崎紅型工房

名護市字安部

☆見習い募集☆
経験不問
やる気のある方、お待ちしております♪

紅型とは・・
14~15世紀頃に始まったといわれている、
沖縄で生まれ育った染物で、永い歴史と風土に培われた王朝文化のひとつです。
洗練された紅型の華麗さはその芸術性においても、

世界の人々から比類のない染物として、今日も重宝されています。

問い合わせ先:080-1707-3356 藤崎紅型工房